猫のためのペット保険

猫は室内飼いをすることで怪我や病気のリスクを下げることができますが、室内でも扉に脚を挟んで骨折をするケースもあります。その場合通院・1週間程の入院・手術が必要となり、平均して20~25万円程の治療費が必要となります。また猫によく見られる病気の一つとして尿路結石がありますが、尿路結石になると通院・入院・手術が必要となり、平均して25万円程の治療費が必要となります。さらに高齢の猫に多い腎不全では通院と入院によって内科的治療と食事療法が行われ、1週間程の入院で7~10万円程の治療費が必要となります。

こうした怪我や病気のリスクに対し、猫専用のペット保険では月額450円から加入することができます。高い商品でも月額3,500円程で加入でき、犬と比べるとやや安い商品が多いのが特徴です。補償割合は金額によって50%~100%まであり、新規加入の場合は0~10歳程まで可能となっています。更新可能年齢も満20歳までのタイプと終身タイプが多く、通院・入院・手術に必要な費用の1日の限度額や年間の限度額が設定されています。

猫の場合犬と比べて怪我のリスクが低い為ペット保険の商品内容がシンプルで分かりやすいものが多く、価格がリーズナブルな商品でも十分に補償を受けることができるので、ぜひ万が一に備えて加入しておくことをおススメします。