犬のためのペット保険

犬が病院で治療を受ける場合、体調不良から病気まで様々なケースがあり、内容により掛かる治療費が異なります。ペットの中でも犬に多い異物誤飲のケースでは通院・入院・手術が必要となり、開腹手術を行う場合には平均して12~15万円程の治療費が必要となります。

小型犬に多い骨折のケースでは手術を行い1週間程の入院をした場合20~25万円程の治療費が掛かります。歳をとるとリスクが高まる白内障のケースでは通院・入院・手術で30~35万円程の治療費が掛かります。こういった犬の治療費は全て自己負担となりますが、ペット保険に加入していれば補償を受けられます。ペット保険は様々な保険会社が販売しており、安い商品だと月額500円程で、高い商品でも4,000円程となっています。

補償割合は商品により異なりますが、少なくても50%の補償が受けられ中には補償割合が100%の商品もあります。また加入可能年齢もそれぞれ設定されており、0歳~10歳前後までであれば新規加入することができます。更新可能年齢にも設定があり、満17~20歳までのタイプと終身タイプに分類されます。通院・入院に対する補償内容も1日の限度額が設定されており、月額の保険料と補償内容を良く確認して適切な商品を選ぶようにしましょう。